トップ  >  会社案内  >  プリント編

会社案内

プリント編

捺染(なせん、なっせん)

型付けや型染めによって、織物などに染料、または顔料でデザインを染め出す手法。

シルクスクリーン・プリント(捺染)

染色法の一種で、一般的にTシャツのプリントには最も多用される手法。工程としては、デザイン1色毎にシルクスクリーンの版を制作、その版にインクを入れ専用のスキージで生地に直接、刷りつけていく。多色プリントの場合は。その工程を繰り返す。その後、ベーキングと呼ばれる熱、乾燥処理を施すことでインクは定着される。一般的に水性、油性の大きく分けて2種類のインクがTシャツ用としては用いられている。制作枚数にかかわらず製版代がかかるために、特に多色プリントやプリント箇所が多いデザイン、または小ロットの場合には版代償却コストがネックになる場合がある。

水性インク(顔料、ラバー)

風合いが比較的良好なことが特徴で、特にEU圏や日本ではTシャツ用として使用率が年々高まっている。また国産インクメーカーの努力により、この10年でかなりの進化を遂げて、表現力や作業性も上がってきている。その他、版の洗浄が水でできるため石油系溶剤が不要なこと、ダイオキシン類発生のおそれが無いこと、非アルキルフェノール型インクが開発されたことなどから、作業従事者への負担、および環境負荷が少ないと評価されている。ただし現状では、油性インクと比較した場合、版詰まりを起こしやすく再現性の限界がある点や、先に刷ったインクが乾かない状態で、次のインクを刷り重ねられないために機械印刷には不向きであること、水性とはいえインク特有の匂い(※1)はあることなどの改良課題は残っている。
(※1)洗濯していただくことにより軽減します。

油性インク(アメリカンラバー、プラスチゾル)

作業性が良く、機械印刷での大量生産が可能で、しかも版詰まりがおきにくく非常に細密な表現が可能と、Tシャツのプリントに適した要素が多いため、Tシャツの本場であるアメリカでは、多くの工場で油性インクが用いられている。ただし塩ビベースの油性インクの問題点として、臭気が多く、版の洗浄などに石油系溶剤も使用するため、作業従事者へ防護マスクや換気など充分な配慮が必要となる他、焼却時のダイオキシン類発生の可能性があることなどがある。

フロッキー・プリント

一見するとフェルトが貼ってあるように見え、つやはなくマットな感じに仕上がる手法。あらかじめ転写シートに加工されたものを熱圧着させる方法、糊をスクリーンでプリントした上にフロッキーシートを熱圧着させる方法、植毛フロッキー、以上の3通りの方法が一般的には用いられている。

カラーコピー転写

製版が不要なためオリジナルでTシャツを1枚でも気軽に作るというニーズに合う気軽なプリント加工法。カラーコピー機を使用してコピーした糊のついた転写紙を、Tシャツへ熱圧着させる。短所としてはデザイン部分以外の個所に不要な糊部分が残ったり、何かを貼り付けたような風合いになり、洗濯に多少弱いということがある。

デジタルコピー転写(通称)

カラーコピー転写の短所である、デザイン部分以外の糊残り、および洗濯堅ろう度の弱さを解決するために考案された手法。カラーコピー機でコピーした専用紙に、デザイン部分のみに専用糊をスクリーンでプリントし、その後、転写紙をTシャツに熱圧着する。使用する糊も、通常の転写マーク用のものを使用するため、洗濯強度も強くなっている。版は白地の場合1版(糊用)、色地の場合2版(糊用、隠蔽用白ベタ版)が通常の場合必要となる。

昇華転写

あらかじめ染料インクを、転写紙にインクジェットプリンターで印字したものを、Tシャツにあてて熱加工することにより、気化したインクを化学繊維に染める手法。非常に細かな表現が可能で、特に写真やCGのプリントには好適で、洗濯にも強く、製版も必要としないなどメリットも多い。ただし綿素材には加工ができないため、一般的には表面ポリエステル、裏面綿のT/Cの生地を使用した昇華転写プリント用に製作されたTシャツを使用する。

インクジェット・ダイレクト・プリント

専用インクジェット・プリンターで染料インクまたは顔料インクをTシャツの生地に直接プリントする手法。製版が不要で、ぼかしやグラデーションや写真など細密な表現やスクリーン・プリントでは、プリントが難しい縫い目の段差部分などにもプリントが出来るなど長所が多く、これから期待できる新技術である。ただし、まだ普及台数が少なく、プリントスピードも限界があるために加工コストは高めである。